読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の栄養今日の1枚♪

易タロットorライダーウェイトで今日を軽快に生きる♪

結婚へ繋がる恋愛を失敗しない為には 心の栄養明日への1枚♪

【ご依頼内容】Kさん 20代 女性

恋愛に失敗しないためには
(3か月前に、結婚を少しだけイメージしていた(価値観の不一致と、すれ違いから破局)
男性と破局し、今ふっきろうとしています。別れ際感情的になってしまったため、別れ方が最悪で当初はショックが大きく食欲がなくなったりしましたが、今はだいぶ精神的には落ち着いてきました。別れたばかりの時、一度彼に「もう一度話したい」と連絡しましたが、無視されてそのまま音信不通です。復縁しても同じことの繰り返しのように感じますし、結婚相手としての相性は良くなかったので、今はもう無理だと思います。次の恋愛にかけたいです。)

【回答】

Kさん大変お待たせ致しました。
それでは早速鑑定に入ります。

f:id:yamadaloco33:20161003205534j:plain


風火家人のカードが出ました。
かまどに火をくべる妻の絵が描かれています。

易の風火家人には
「妻としての心得」が書かれており

外で夫が立派に仕事をこなすには
内助の功が必要であると説いています。

結婚に限らず
一つのチームとしてもこの
風家家人の卦の考え方は大事です。

つい最近
中村芝翫さんの浮気でワイドショウを騒がせていましたが

奥様は、浮気に関して「離婚はありません」
芝翫さんは「時間を忘れるくらい叱られました。」
と仰ったのが印象的でしたが

例えば、歌舞伎の世界は
夫の公演の為に
妻が、家を仕切り
さらに、お得意様や御贔屓筋に
挨拶状を送ったり、その他もろもろ
お弟子さんや一門のお付き合い
細かな事までを全て取り仕切るのが仕事です。

妻がいなければ、仕事にならない歌舞伎の世界
内助の功がどれだけ重要なのかわかっているから

「時間を忘れるくらい叱られました」
と、反省ができる夫で
信頼される妻という構図ができています。

今、大統領選挙に出ている
ヒラリークリントン氏は、夫が大統領時代
夫より、彼女に注目がありました。

州知事時代は夫を支え、仕事を優先させ
州知事選挙に落選後は、資金繰りに困り
お隣さんに卵や牛乳を借りながら、

企業専門の弁護士の仕事で、

夫の政治家としての野心を捨てさせず
支え続けます。

大統領のビルが浮気をした際は
ビルが彼女に跪き、
「すまない」と謝罪したそうです

別れるにしてもお互いのメリットがない・・・

と考える人もいるかもしれません。

もしかすると
我々には見えない部分で、夫の絶対的な信頼を勝ち得ていて
しっかり

「影の家長として」主導権を握っているのかもしれません。

風火家人の

火は哲学や知恵、又は冒険心です、それはひけらかすと
ただの嫌味な人間になってしまい
「火」のはじくと言う性質で人は寄ってはきません

しかし、火は「赤壁の戦い」のように
燃え上がると風を興します

風は感情を含まない、理念や理性です。


夫婦・恋人というのは他人です
他人だから
相手の事なんかわからないのは当然です。

大和言葉
 夫婦の事を「番(つがい)」というのは
「継ぎ合う」というのが転じたといわれるように

合わないから
合せていく努力が必要だし

感情的になっても、感情を煽るだけで
なんの解決にもならず

相手の為に、自分が何ができて
この関係を善くする為に、どう動いてと
感情ではなく知恵を使う事が重要です。


有名な話ですが、ガソリンスタンドで給油した時
ヒラリーの元彼がそこで働いていたらしく

「彼と一緒になっていたらファーストレディーにはなれなかったね」

といったビルに対して

「いえ、彼と一緒になったら、彼が大統領になっていたわ」

と、ヒラリーが言ったように

愛する人を
知恵と勇気で立てていく。
その恩恵は、
おのずと
「揺ぎ無い信頼」で戻って来る筈です。

男と女を越えて繋がるところに
夫婦の面白味がありますよ。

風火家人のカードが出る人には
縁談や結婚の話があります。

実は私も、仕事仕事と思っていた時に
何度引いても、このカードしか出ませんでした。

その後程なく妊娠がわかり結婚しました。
今は付き合って結婚して合わせて15年が過ぎますが

関係は良好です。

話が長くなりましたが
Kさんが
素敵なパートナーシップを築けるように
遠くから応援しています。

ありがとうございました。

 

 

✡10月の鑑定日✡横浜元町✡はこにわプレート✡
 時間:12~16時 易タロット10分1500円 西洋占星術 30分 5000円
はこにわプレートのHP

haconiwaplate.com

10月28日の鑑定はお休みさせていただきます
ロコのHP⇒✡

www.loco-lab.net