読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心の栄養今日の1枚♪

易タロットorライダーウェイトで今日を軽快に生きる♪

人の優しさを無駄にする生き方 心の栄養明日への1枚♪

ちょっと私の話をさせて下さい。

今はこんなにバッサリ斬る女ですが

大学時代の私は酷かった。

家庭環境に嘆き

大好きだった人を忘れられず

好意をもってくれるのは out of 眼中だけ

加えて、三島文学にハマっていた事もあり

 

家族が悪い

世間が悪い

時代が悪い

私だけ不幸

どうせ私なんかこの世の中にいない方が良い

こんなに苦しんでも何も良い事なんてない

秋になったら、

センチな心に輪をかけるような出来事が多くなり

 

 

と、友達と会えばグチグチ

泣きだしては

自分の不幸を嘆き

私はこんなに苦しんでる・・・

苦しいもう死にたいと言い続け

泥酔して、悪騒ぎして

その場に倒れる事を繰り返していました。

 

何回目か意識を失う事があり、

ある冬のとても寒い日、

友人と3人での飲み会

 

やっぱり意識がなる程飲んで

大阪の梅田の地下街でぶっ倒れ

地下街も、数時間閉鎖する時間帯があるらしく

それなのに、私がシャッターを閉める場所付近で

ぶっ倒れたので、警備の人がその日はそこだけ

シャッターを閉めずにいてくれて

 

さらに

通りがかりのホームレスが

「今日は寒いから酒飲んで寝てたら

 このままじゃ死んじゃうよ。」

友達に段ボールを手渡してくれ

友人がその段ボールを体に巻いてくれて

朝まで一緒にいてくれたのです。

 

目が覚めると、私は

「????」な状態

私の両脇には友達、起き抜けの私に

「ちょっと、そこでコーヒーのも・・・」と

明らかに機嫌が悪い友達が・・・・

 

早朝から開店している喫茶店で注文を終えて

席に着くと

「あんた、いい加減にしーや!!

 不幸なのは、あんただけじゃないねんで

 毎回楽しくない酒飲まされて、

 友達だからはっきり言うけど

 苦しいとか、辛いとか

 だからなんやねん、

 それ聞いて、悪酔いして迷惑かけてる

 友達の事考えた事ある??

 これ以上まわりの事を考えんかったら絶交や。」

 

と、多分ほぼこんな事を言われ

酔いの冷めた喫茶店で

自分が今の今まで、不幸だと言いながら

人に甘えて、自分が何も変わろうとしていなかった事に

気が付きました。

 

確かに、

飲んで不幸自慢して

友達に慰めてもらおうとしているような女が

幸せになれる訳でなく

多分彼女の一言がなければ

今でも私は、友達などの優しさに甘えて

 

「ね、私ってこんなに不幸でしょ、可哀想でしょ???

 だから、優しくして欲しいの(*ノωノ)」

 

っていう、「真正かまってちゃん」になって

女を拗らせていたのは間違いない・・・・

 

占いをしていると

自分の過去によく似た人と出会います

一言いえるのは

 

 今の今まで、同じことを繰り返しているから

 良くならないんだよね???

 だったら、そのスパイラルから抜ける為に

「私だけ不幸・悲劇のヒロイン」を辞めてみたらどう??

 

 自分が、友達に不幸の花束を渡している事を気付いた方が良い。

 優しい言葉で癒されているつもりでも

 実はなんの薬にもなっていない。

 苦しくなったら、また話を聞いてくれる人に同じことを繰り返す

 

 自分がその話を何度も聞く立場だったらどう??

 生産性のない話楽しい???

 

 いつの間にか傍にいてくれる友達は、傷を舐め合うような関係で

 居心地は良いけれど、新世界を見れるわけでなく

 成長のないまま終わってしまうよ??

 

本当の優しい人は、不幸のスパイラルを切るように

「厳しく言ってくれる人」

 

そして、優しさにおんぶに抱っこじゃなくて

 自分にも優しさに甘えず、厳しく弁える事をしていかないと

 いつまで経っても、メンバーを変えて

 『悲劇のヒロイン』で人生を終えてしまうよ。

 

f:id:yamadaloco33:20160918061120j:plain

風雷益、

激しく風が起り、雲の摩擦で雷になります。

常に動くことで益が増していきます。

 

『悲劇のヒロイン』のまま、

真っ暗な闇にスポットライトが当たる場所で

立ち止まってしまうか

 

暖かい陽の光が射す場所で、自由に動き回るかは

結局は自分が変わるしかない。

 

季節が変わらないなら、

変わる場所へ行く、行かなければいけない

それを教えてくれる

 

 

自分の為に厳しく言ってくれる人を大事にして

弁える事をしないと

 

優しさに甘えてばかりいると

「可哀想な人」というよりも

「不幸を盾に甘える、遠慮のない、厚かましい人だ」

って思われるだけになってしまいますよ。